KOTO-PORT

コト・ポート

学芸大学のHIGUMA Doughnutsと京都のSOURが
1つのコト・ポートで共同出店!

「公園のそばでお店を開きたい。そんな思いは今の実店舗を始める時からあったんです」と満面の笑みで明かしてくれたHIGUMA Doughnuts(ヒグマドーナッツ)の春日井順さん。「自分も子供がいるからわかるんですけど、近所の公園に家族で行く一家団らんのひと時ほど安心する時はない。そのそばにいつもある、もう一つのやすらぎのスペースを作れたらいいですよね」。イケ・サンパークがそんな公園になっていったら、家族で過ごす時間がよりハッピーになりそうだ。

春日井さんは北海道出身。地元の素材を使って北海道を盛り上げたいという思いと、カナダ留学で出会ったドーナッツショップでの経験が重なった。そして、北海道の素材を使ったドーナッツから街に広がるコミュニティを作りたい、というコンセプトが出来上がった。完全な素人から始めたドーナッツ作りは苦労の連続だった。納得できるドーナッツができるまで、1年くらいかかったそうだ。何度かイベント出店を経験する中でファンを増やし、その後2016年に学芸大学にお店を構えることになる。

「学芸大学でお店を始めて4年。今のお店の前にも小さいけれど公園がある。『こんにちは』という当たり前のあいさつが、道ゆく人やお客さんとも日々欠かせないもの。そんな自分たちが大切にしてきたことを、池袋でも大事にしたい。それが新しい場所でもコミュニティを広げることにつながると思うんですよね」と春日井さんはイメージを膨らませている。
昼間の公園が子供たちの遊び場なのははもちろんだけど、イケ・サンパークは大人たちには夜も優しいのだ。「公園での出店という話を聞いた時、外飲みができる文化を作ってみたい。まず単純にそう思いました」。フルーツサワー専門店「SOUR(サワー)」の建部修史さんは楽しそうに教えてくれた。そして、「日本に今までなかったような場所づくりに関わりたいというのもポイントですね」と続けた。建部さんとサワーの出会いは、前職時代の出張中。毎晩通っているうちにオーナーと意気投合し、3年後には一緒に仕事をしていたという。京都は河原町に店を構えるサワーでは看板メニューのレモンサワーを中心に、季節に合わせて常時15種類以上のフレッシュな果物のサワーを提供している。
「今回、公園でファーマーズマーケットも開催されることが出店の決め手になりました。旬の新鮮なフルーツとサワーの相性は抜群なんです」と建部さん。サワーを通して若くてまだ世の中に知られていない農家さんを紹介したいという思いもある。ファーマーズマーケットの旬の果物とサワーのコラボレーションからは1年中、目が離せない。

 

参考メニュー

 

店主の出身地である北海道産の食材にこだわり手作りのドーナッツが人気の「HIGUMA Doughnuts」。KOTO-PORTでは、ドーナッツの他に、週末限定のハンバーガーや、ジンギスカンなど、しっかり食事が楽しめるメニューも準備中です。共同出店となる、フレッシュフルーツを使用したサワー専門店「SOUR」は、全国の契約農家より仕入れたその時期一番美味しいフルーツを、オーダーを受けてから調理。フルーツそのものを豪快に使用したサワーは、まるでフルーツを食べているかのような満足感。
ドーナッツ屋とサワー屋、意外な組み合わせとなる二つの店舗が「大人から子供まで楽しめる公園」というテーマによって結びつき、新しい化学反応を生みます。

information

HIGUMA Doughnuts x SOUR the park

営業時間
11:00-21:30
定休日
水曜日
悪天候などの理由により営業時間が変更になる場合がございます。 最新情報は各店舗のSNSをご確認下さい。